健康アクションプラン コロナ対策26.png

福祉創造塾 あゆみのもり須恵 充実した人生を
新型コロナウイルス感染者の発生について

(再開のお知らせと御礼 5月6日)

 この度は、新型コロナウィルスの発生に付きまして、数え切れない程の「労い」「励まし」の言葉を頂戴し、厚く厚く御礼申し上げます。 我々を応援してくれる方々がこんなにも多くいることに望外の喜びを感じるとともに、立ち向かう勇気を与えてくださり感謝の念に堪えません。

 粕屋保健福祉事務所との連携・協議において 感染症法上の2週間の経過観察を経て 1)感染拡大傾向が確認されないこと 2)通所者様の健康状態に特段の変化がないこと 上記により、予定通り粕屋保健福祉事務所からの閉鎖命令は令和3年5月1日に解除と相成りましたが、念を重ねるため当会独自で5日間の余裕期間を設け、令和3年5月6日を当該事業所の再開としました。 今回罹患された方は、重症化等もなく、無症状及び軽度の熱発等から無症状に移行されている状況で何よりと存じます。 罹患された方の早い回復を祈念し、以前の通り一緒に生活や仕事ができるように席を温めて待っておりますのでご安心ください。

 また、世界的なコロナ傾向や最近の福岡県の傾向でも、まだまだ予断を許さない状況が継続しております。 当会の健康アクションプランをさらにブラッシュアップするよう看護部主導のもと当会全体で実行いたします。 詳しくは、当ホームページにある「健康アクションプラン コロナ対策26」のページを御覧ください。 ご家庭や地域の方々も一緒にコロナ禍を乗り越えるべくご協力をお願い申し上げます。

2021年5月6日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

(第五報 4月23日)

 このたびは当該事業所がクラスター認定をされ、関係者の皆様、地域の方々に多大なご心配とご不安をおかけして、お詫び申し上げます。また同時に、数え切れない程の「労い」「励まし」の言葉を頂戴し、厚く厚く御礼申し上げます。いま現在も収束に向けて職員一同、鋭意努力しているところでございます。今回の発生を機に、柚の木福祉会全職員に向けて、オンライン全体研修をおこないました。

 

  1. 当会の健康アクションプランのおかげで健康を実感していることを全員で確認し、さらにブラッシュアップすることを決議しました。

  2. 罹患された方の気持ちに寄り添うことの大切さを知るとともに早い回復を祈念し、以前の通り一緒に生活や仕事ができるように席を温めて待っていることを全員一致で確認しました。
     

 今後も引き続き、粕屋保健福祉事務所と連携を図りながら、感染拡大防止に努めて参ります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。 

2021年4月23日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

教育部長 藤川 翔太

(第四報 4月23日)

 再検査 1 名の方の判定が陽性と判明しました。

 これにより通所者様合計 9 名、職員合計 1名となりました(陰性 47名利用者様+職員)。また、4月22日に当該事業所がクラスターと認定され、行政関係機関から同日18:00に公表されております。

 以上により、全対象者の結果が判明したことになります。 当該事業所よりクラスターが発生したことで、多大なご不安をおかけしますことにあらためてお詫び申し上げます。

 また、数え切れない程の「労い」「励まし」の言葉を頂戴し、厚く厚く御礼申し上げます。当該事業所のみならず福祉会職員一同、皆様の温かい気持ちと併せ、エッセンシャルワーカーとしての矜恃をもって、この「新型コロナウィルス感染症」に立ち向かっている所です。

 今回のクラスターにより感染された方は大きな症状の変化はなく療養されていると認識しております。 どうかご不安になられている方々も、快方に向かっている状況ですので、温かく経過を見守ってくだされば幸いでございます。 今後も引き続き、粕屋保健福祉事務所と連携を図りながら、感染拡大防止に努めて参ります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

2021年4月23日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

福祉創造塾 あゆみのもり須恵 充実した人生を
園長 中山 良介

(第三報 4月22日)

 当該事業所の通所者様および職員に、PCR検査を実施しております。 21日20:00時点で、新たに通所者様 6 名 の陽性が判明致しました(これにより通所者様合計 8 名、職員合計 1名となります)。陽性となったすべての方が無症状、もしくは短時間の軽い発熱から無症状に移行している状況です。また検査の全対象者のうち、再検査 1 名をのぞいた47名(利用者様+職員)の陰性が判明しております。

 現在は、粕屋保健福祉事務所から新たな要請があった場合に迅速・正確に応えられるように、情報整理を推し進めています。 また21日深夜、当会対策本部において、柚の木学園、ふれあいの部屋、YUZUKA、Create803、柚の木グループホームの臨時閉園を4月24日まで、PK2の閉園を4月23日まで延長することを決定いたしました。 また、このたびの新たな罹患者の判明により、当該事業所の閉園は粕屋保健福祉事務所の指示で5月1日までとなりました。当会、及び当該事業所を利用されている方ならびにご家族、応援してくださっている地域の皆様には、大変なご不安とご心配をおかけしておることを、深くお詫び申し上げます。

 今後も引き続き、粕屋保健福祉事務所と連携を図りながら、感染拡大防止に努めて参ります。何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

​※2021.4.24 PK2の閉園日を修正しました

 

2021年4月22日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

福祉創造塾 あゆみのもり須恵 充実した人生を
園長 中山 良介

(第二報 4月21日)

 当該事業所の通所者様および職員にPCR検査を実施しております。21日17:00時点で通所者様 2 名、職員 1 名の陽性が確認されました。いずれの方も無症状で療養されています。

 柚の木福祉会においては4月19日に即時、対策本部を設置し、柚の木福祉会全事業所(接触のないレストランゆずのき、みんなの家ゆずを除く)を、4月20日より臨時閉園とする処置を独自にとりました。この処置は、福岡県の感染拡大状況を考慮し、確実に感染拡大防止を進めるために、慎重な判断をしたものです。関係者の皆様には、多大なご不安とご心配をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 また、安全が確認され次第、接触の少ない事業所から徐々に事業を再開していく予定でございますが、まずは今回の発生を迅速に収束させることに注力してまいります。

 今後も引き続き、粕屋保健福祉事務所と連携を図りながら感染拡大防止に努めて参りますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

2021年4月21日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

福祉創造塾 あゆみのもり須恵 充実した人生を
園長 中山 良介

(第一報 4月19日)

 この度は通所者様並びにご家族の皆様、そして地域の皆様にはご迷惑とご心配をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

 当該事業所の通所者様に陽性(現在は無症状で自宅療養中)が確認されました。
 PCR検査につきましては粕屋保健福祉事務所との協議により、当該事業所の通所者様と全職員へ実施しております。結果が判明し次第、公表いたします。

 また、当該事業所を清掃・消毒し、感染拡大防止に万全を期すため、当該事業所を2週間の臨時閉園(~令和3年4月30日まで)とさせていただきます。
 

なお、福岡県障がい福祉課及び須恵町にも、この旨をご報告させていただいているとともに、今後の対応については、通所者様の安全を確保するため協議をしております。

 今後も引き続き、粕屋保健福祉事務所と連携を図りながら感染拡大防止に努めて参りますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 

2021年4月19日
社会福祉法人 柚の木福祉会
理事長 白谷 憲生

福祉創造塾 あゆみのもり須恵 充実した人生を
園長 中山 良介